スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
災害時ペット同行避難セミナーに行ってきました
2018 / 02 / 26 ( Mon )
昨日は中野サンプラザで開催された、「災害時におけるペット同行避難」のセミナーに行ってきました。
同じ日、同じ時間帯に環境省でもテーマを同じくしたシンポジウムが開かれていたようです。

私が参加したセミナーでは熊本大震災の現場でペットの為に色々と動かれていた方から、現場で実際に起こった事をたくさん聞かせて頂く事が出来ました。

とても勉強になり、ここでシェアしたい所ですが「同行避難」に関しては、私自身がまだまだ勉強不足。
間違った情報や、言葉足らずで上手く伝わらなかったりすると大変な事になってしまうので、もっと勉強してから少しづつ発信していけたらと思っています。




昨日のセミナーでの内容の1つに、災害が起こる起こらないに関わらず、犬を飼っている人同士のコミュニケーションがとても大切で、日常のその背景が、何かが起こった時にそのまま反映される。と言うお話がありました。

「あ~そうだよな~」と思いました。

大抵の場合、犬飼さん同士がお散歩中に挨拶を交わしたり、初対面でも何となく立ち話に発展したり。。。そうやって少しづつ知り合いになっていく。という感じだと思います。

そうする事によって、相手の犬の事も知ることが出来るし、自分の犬の事も少しづつ知ってもらえて、そして犬同士も知り合いになれます。
(それ以前に犬は散歩中に嗅いでいる匂いで、その犬の存在には気づいていると思いますが(笑))それはさておき。。。)



でも。。。。。。

犬飼さん同士のコミュニケーションって、犬ありきですよね。

犬によっては知らない人が怖い・苦手で吠えてしまう。
もしくは、他の犬が苦手で近くに寄れない・吠えてしまう。もしくはちょっと威嚇しちゃったりする。。。

こういう場合、なるべく自分の犬が興奮したり怖がったり、相手の方に迷惑を掛けない様にと、飼い主さんが他の人や犬との接触を避けながらお散歩したりします。
でもそれを続けていると、飼い主同士のコミュニケーションなんてなかなか取れないですよね。

我が家の雑種犬NANAも知らない人が苦手だったりするので、そういうタイプの犬の飼い主さんの気持ちはとても良く解ります。

どんな人でも、どんな犬でも、いつでも「Welcome」と言う犬もたくさんいます。

その反面、パピーの頃から頑張って社会化に力を入れて来たのに、どうしても何かに対して苦手意識が残ってしまったままの犬もたくさんいます。
犬種や性格。そして飼い主さんの犬への対応も関係していると思います。

社会化。やっぱり大切!!

そして犬が自分で自分の気持ちをセルフコントロール出来る様にしてあげる事も大切。


成犬でも社会化を進めていく事も、犬が自身でセルフコントロール出来る様にしてあげる事も可能です。

うちの犬は社会化不足だと思う飼い主さん。

リハビリだと思って、少しづつ社会化に再チャレンジ、そしてセルフコントロールが出来るように少しだけ、大切な家族である愛犬に手を貸してあげてみませんか?







スポンサーサイト
10 : 51 : 36 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。