FC2ブログ
ドッグダンスって?その2
2018 / 01 / 12 ( Fri )
昨日のブログではドッグダンスがどんなもので、どんな形で開催されているかを書いてみました。
今日は、ワタシとNANAのHTM(ヒールワークトゥミュージック)のルーティーンをアップしてみたいと思います。
昨日も書いた通り、部門としてはHTM(ヒールワークトゥミュージック)なので、ハンドラー(ワタシ)とNANAが、離れてする作業は有りません。

踊り始めるまでに少々時間がありますが、あえてカットしていません。
たいていの場合、踊り始める前にはリングの中での馴致と言う物があります(団体さんや競技の形式によっては無い場合もあります)
これから踊る曲の音の大きさのチェックをしつつ、馴致をする訳ですが、この馴致の時間をどのように使うかは人それぞれです。
導線の確認をする人・犬にリングの中(匂いや雰囲気など)をチェックさせる人・細かい部分を犬と一緒に練習する人。。。
ワタシは、大抵の場合はリングの中をチェックさせることに時間を使っています。
その後、音楽スタートの合図を出して踊り始めます。

ひまわりの約束

2017年秋に「alohailio」さん主催で浜名湖で開かれた「funfunstage」と言うファンマッチの時の動画です。

最後にNANAにひまわりの首飾りを付けてあげる所で、衣装から上手く外れず(爆)ワタシのごまかし笑いで終わる。。。と言う残念な曲終わり方になっちゃってます。
こういうのは明らかにハンドラーのミス
これはこれで、改善点が見つかったという事で、それ以降はこの部分でのミスはありません((笑)

なんとなくでも、ドッグダンスってこんな感じなんだ~と言うのが伝わればいいなと思います。
09 : 08 : 12 | フリースタイル(ドッグダンス)・ラリオビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ドッグダンスって?
2018 / 01 / 11 ( Thu )
私がNANAとドッグダンスをやっている事はこのブログでも何度も書いていますが、ドッグダンスってどんな物?
と言う方も多いと思うので少し触れてみたいと思います。

k-9フリースタイルとも言われるドッグダンス。
簡単に言ってしまうと、リングの中で犬とハンドラーのみで、曲に合わせて犬と踊る。と言ったドッグスポーツの1つです。

どんな形で開かれているのかと言うと「競技会」と「ファンマッチ」の2つに分かれます。
そして、ドッグダンスは2つの部門に分かれます。
この部門に関しては競技会もファンマッチも同様で、「MF」(ミュージカルフリースタイル)と「HTM」(ヒールワークトゥミュージック)
の二つに分けられます。

1つづつ簡単に説明していきますね。

まず、競技会とファンマッチについて。
大きな違いは、「競技会」では犬にとっての「モチベーター」(犬がやる気を引き出せる様なおやつやおもちゃ)の使用が認められません。
ハンドラーと犬との信頼関係やそれまでの練習や、犬自身がハンドラーとの共同作業を楽しむことが出来ないと、なかなか厳しい環境です。

逆に「ファンマッチ」と呼ばれるものは、モチベーターの使用が認められているので、ドッグダンスをやり始めの人や犬、または新しい曲を作った時に練習の場としても使えます。
また、ハンドラーと犬以外は、リングの中には入れず、その周りでたくさんの犬や人が見ているという環境の為、場所慣れや環境への順応が多く影響します。
なので、犬だけでなくハンドラー側の場慣らしとしてもファンマッチはとても気楽に楽しく参加できます。
周りの人達が、リングの中の自分と犬だけを集中して見ているというのは、結構緊張します💦

練習ではちゃんとできていたけど、本番で出来なかったらどうしよう。。。とか、せっかく付けた振り付けを忘れてしまったらどうしよう。。。とか、色々な不安があるとは思いますが、犬へのモチベーターが使えるというだけで、ハンドラー側もお守りを持ったような気持ちになれるし、結構それだけで落ち着いたりもします。
私はファンマッチが大好きです(^∇^)

次に部門について。
部門としては、MF(ミュージカルフリースタイル)と呼ばれる物とHTM(ヒールワークトゥミュージック)と呼ばれる2つに分かれます。
最近は多くの団体さんが、ファンマッチや競技会を開催しているので、団体さんによって微妙にルールが違ったりもしますが、
MF(ミュージカルフリースタイル)は、人と犬が離れて作業(遠隔作業)をしたりジャンプをさせたりして、様々なトリック(芸)を入れて1曲を作る事が出来ます。
HTM(ヒールワークトゥミュージック)はMFとは逆に、基本的には人と犬が離れてはいけません。
脚足(犬が人の足元に居る事)を基本に、犬とハンドラーが一体となって動きつつ、人から離れなくても出来るようなトリックを入れて1曲を踊るものです。

訓練競技での脚足とはハンドラーの左側に犬がいる事を言いますが、ドッグダンスでの脚足とは、犬がハンドラーの左・右・正面・ハンドラーの前で犬の頭が右向きもしくは左向き。
そしてその反対バージョンの、ハンドラーの背中側で、犬の頭が左向き・右向きなどなど。。。もっとありますが💦
たくさんのポジション(犬の居るべき位置)があります。
それらを組み合わせながら、1つの曲を作っていきます。

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた次回にしますね(^^♪
次回は、私とNANAのつたないドッグダンスの動画も公開したいと思います💦

08 : 34 : 32 | フリースタイル(ドッグダンス)・ラリオビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラリオビの動画
2018 / 01 / 07 ( Sun )
ラリオビ 2017.8/20

       ↑

昨日アップできなかったラリオビの動画です。
NANAが初エントリーレベル1の物です。

途中途中で、私の怪し動きと怪しい褒め言葉が入っています(´∀`*;)ゞ

*興味のある方は音量(私の声が大きい(笑))に注意してご覧ください

08 : 27 : 29 | フリースタイル(ドッグダンス)・ラリオビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ラリーオビディエンス
2018 / 01 / 06 ( Sat )
今日は、去年の夏からNANAと始めたラリオビ(ラリーオビディエンス)について書いてみようと思います。
ラリオビとはアメリカにあるWCRLと言う団体の正式競技の事です。
他国では違う団体で行われている物もあり、ルールも多少違いがあるようですが、日本で行われているのはWCRLになります。

2012年から日本でも正式競技として取り入れられたラリオビ。
どんな事をやるのかと言うと、リングの中にいくつかのサインボードが置かれ、そのサインボードにはそこでやるべき指示が書いてあります。(サインボードは英語です)
そして1つの項目をやったら、次のサインボードまで脚足で移動し、そのサインボードに指示されたことをやります。
競技クラスはレベル①からレベル③まであり、クラスが上がっていくとサインボードに掛かれている指示の難易度が上がったり、サインボードの数が増えて行ったりもします。
レベル①を3回合格すると、レベル②へステップアップ出来ます。
レベル①のみリード付きで、レベル②からはノーリードになります。

サインボードに書いてある指示ですが、レベル①だと「sit」だけたり、「sit down」だったり、「90°pivot」(90度の方向転換)、「fast pace」(速足で)、「slow pace」(ゆっくり歩く)などです。
トレーニングをやり初めたばかりの人たちでも、楽しく出来る内容なんじゃないかな?と思います。
もちろん練習は必要ですが。。。(^∇^)

JKCやOPDESで行われている訓練競技との大きな違いは、競技の最中にオヤツをあげることが出来たり(あげられる場所は決まっていますが)、褒め言葉をどれだけたくさん掛けてあげてもオッケーな所ではないかと思います。

NANAは去年の8月と12月にレベル①の合格を頂いているので、今月の競技会で合格点が頂ければ、レベル②へとステップアップできます。
動画をアップしようと思ったのですが、上手くアップできずこれだからPC音痴は困る💦
後日アップしますね。
とりあえず、雰囲気だけでも。。。

2017.8 ラリオビ3
2017.8 ラリオビ1
2017.8 ラリオビ2

17 : 48 : 47 | フリースタイル(ドッグダンス)・ラリオビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
振り返り 2017年 夏~冬
2017 / 12 / 30 ( Sat )
2017年夏~冬の振り返り。
春と比べるとあっさり終わります(爆)

夏ちょっと前から体調を崩してしまい、この頃はグダグダでした。
周りの環境が大きく変わったりもしたな~

で。。。夏場は体調を戻す事に専念し、調子がいい時にはNANAの秋に向けてのドッグダンスのルーティン作りと練習。
NANAとドッグダンスを始めて6曲目?の曲になるのかな。
始めてしっくりくる曲に巡り合えたというか、納得いく感じに作れました。

秋は新しい曲でスタート。
駒沢公園でのドッグダンスのデモンストレーションから始まり、aloha ilioさんの浜名湖・LBCFさんとちょっと少な目。
でも、どれもみんないい感じで出来ました。
NANAも今の曲は好きみたい(^^♪
この曲で来年の春まで頑張ります。
春までにちょこっと手直しをするつもり。

2017駒沢デモ

そうそう7!8月からラリーオビディエンスと言う競技を始めました。
まだまだ日本には浸透していないようですが、訓練競技と呼ばれるものとはちょっと違っていて、もっとラフな感じなので、
犬と何かをやってみたいと考えている方には、入りやすかも。。
興味のある方は、「ラリーオビディエンス」で検索してみて下さい。

こんな感じです。↓

ラリオビ2017.8

今年後半はあっさりとこの辺で終わりにしたいと思います。
来年もドッグダンスにラリーオビディエンス。すでにスケジュールがどんどん出てきています。
ちゃんと練習しなきゃですね

体調はかなり戻っているというか、絶好調になって来ました。
体調管理は大事ですね

19 : 22 : 32 | フリースタイル(ドッグダンス)・ラリオビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>