FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
ドッグダンスって?
2018 / 01 / 11 ( Thu )
私がNANAとドッグダンスをやっている事はこのブログでも何度も書いていますが、ドッグダンスってどんな物?
と言う方も多いと思うので少し触れてみたいと思います。

k-9フリースタイルとも言われるドッグダンス。
簡単に言ってしまうと、リングの中で犬とハンドラーのみで、曲に合わせて犬と踊る。と言ったドッグスポーツの1つです。

どんな形で開かれているのかと言うと「競技会」と「ファンマッチ」の2つに分かれます。
そして、ドッグダンスは2つの部門に分かれます。
この部門に関しては競技会もファンマッチも同様で、「MF」(ミュージカルフリースタイル)と「HTM」(ヒールワークトゥミュージック)
の二つに分けられます。

1つづつ簡単に説明していきますね。

まず、競技会とファンマッチについて。
大きな違いは、「競技会」では犬にとっての「モチベーター」(犬がやる気を引き出せる様なおやつやおもちゃ)の使用が認められません。
ハンドラーと犬との信頼関係やそれまでの練習や、犬自身がハンドラーとの共同作業を楽しむことが出来ないと、なかなか厳しい環境です。

逆に「ファンマッチ」と呼ばれるものは、モチベーターの使用が認められているので、ドッグダンスをやり始めの人や犬、または新しい曲を作った時に練習の場としても使えます。
また、ハンドラーと犬以外は、リングの中には入れず、その周りでたくさんの犬や人が見ているという環境の為、場所慣れや環境への順応が多く影響します。
なので、犬だけでなくハンドラー側の場慣らしとしてもファンマッチはとても気楽に楽しく参加できます。
周りの人達が、リングの中の自分と犬だけを集中して見ているというのは、結構緊張します💦

練習ではちゃんとできていたけど、本番で出来なかったらどうしよう。。。とか、せっかく付けた振り付けを忘れてしまったらどうしよう。。。とか、色々な不安があるとは思いますが、犬へのモチベーターが使えるというだけで、ハンドラー側もお守りを持ったような気持ちになれるし、結構それだけで落ち着いたりもします。
私はファンマッチが大好きです(^∇^)

次に部門について。
部門としては、MF(ミュージカルフリースタイル)と呼ばれる物とHTM(ヒールワークトゥミュージック)と呼ばれる2つに分かれます。
最近は多くの団体さんが、ファンマッチや競技会を開催しているので、団体さんによって微妙にルールが違ったりもしますが、
MF(ミュージカルフリースタイル)は、人と犬が離れて作業(遠隔作業)をしたりジャンプをさせたりして、様々なトリック(芸)を入れて1曲を作る事が出来ます。
HTM(ヒールワークトゥミュージック)はMFとは逆に、基本的には人と犬が離れてはいけません。
脚足(犬が人の足元に居る事)を基本に、犬とハンドラーが一体となって動きつつ、人から離れなくても出来るようなトリックを入れて1曲を踊るものです。

訓練競技での脚足とはハンドラーの左側に犬がいる事を言いますが、ドッグダンスでの脚足とは、犬がハンドラーの左・右・正面・ハンドラーの前で犬の頭が右向きもしくは左向き。
そしてその反対バージョンの、ハンドラーの背中側で、犬の頭が左向き・右向きなどなど。。。もっとありますが💦
たくさんのポジション(犬の居るべき位置)があります。
それらを組み合わせながら、1つの曲を作っていきます。

ちょっと長くなってしまったので、続きはまた次回にしますね(^^♪
次回は、私とNANAのつたないドッグダンスの動画も公開したいと思います💦

関連記事
08 : 34 : 32 | フリースタイル(ドッグダンス)・ラリオビ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ドッグダンスって?その2 | ホーム | ラリオビの動画>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://hulachura.blog.fc2.com/tb.php/136-a195d176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。